初七日について②

皆さまこんにちは。
前回に引き続き真浄葬祭 接客部の古賀がブログを担当致します。

今回は、なぜ初七日がひとつの節目として考えられているのかについてお話したいと思います。

人は亡くなると、四十九日まで七日ごとに閻魔大王らによって裁かれるとされています。その全ての審判を受けてあの世での行き先が決まるのです。遺族はこの裁きの日に合わせて法要を行い、故人が極楽浄土へ行けるようにお祈りをします。
そう考えると、初七日に法要を行うことにはとても意味があるんですね。

ただし、仏教の中でも浄土真宗は例外です。
浄土真宗では故人は亡くなってすぐに極楽浄土に辿り着くと考えられているため、初七日に法要をする必要は無いのです。あくまでも遺族が故人を偲ぶ形式的な意味合いにおいて、浄土真宗の初七日の法要は執り行われます。

法要花

次回のブログでは、初七日法要の具体的な流れについてお話したいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

故人様と最後の旅行ができる貸切り家族葬斎場
一斎場一葬儀なので大切な方との最後の時をゆっくりとお過ごしいただける葬儀社「真浄葬祭(しんじょうそうさい)」です。

809-0011
福岡県中間市岩瀬2-14-13
0120-556-941(こころのくようが一番)

真浄葬祭は納得の安心低価格で充実の内容をご提供致します。
会館使用料・安置料・宿泊料無料!
会員様はその他お得な特典多数ございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー